【マレーシア・シンガビサ島】マングローブがお出迎え/マングローブについて勉強会。

2018年11月の旅。

 Malaysia🇲🇾
 Singa besar island🏝
(マレーシア、シンガビサ島)

▶︎マングローブ

ランカウイ出発してから、
15分くらいですぐに到着!!

わっしょい!!無人島!!
シンガビサ島

手前に見える木は
大量のマングローブ!!

マングローブの名前の由来から、生態、歴史も教えてもらって、勉強させてもらった!!天気が良いと自然の景色って、無加工のそのままでバッチリ映えるーー!!

近くはこんな感じー!!

そっからボートのまま、ちょっと内部に潜入してもらって…
マングローブの根っこ部分や種も初めて見せてもらったー!!

▶︎マングローブの名前の由来

英語で書くと→mangrove

man(男性)+globe(手袋)

男の人が軍手をはめた状態が、木の根元に似てるとこから名前がきている。

へぇ〜知らんかった(゚∀゚)

自然ってスゴイなぁ〜!!

▶︎マングローブの生態・歴史

マングローブ▶︎海水でも淡水でも生存出来る木。根っこから吸った海水は葉っぱから放出して、余分な塩分を出していける生態な故に、海水しかない環境下でも生存していける器用な木。

その為に葉っぱには塩分がいっぱい含まれてて、通貨が出来る前のその昔、塩は高級品だったので通貨の代わりに葉っぱを使用して、物品の購入のやりとりに使用されていた。

マングローブと記念撮影。

ウチ等が写らん方が映えるのは何故。
映えない姉妹。笑

▶︎マングローブの種

先端の実みたいな部分から棒部分が離れて落ちて、棒部分がうまく地面の泥に刺されば、そこから木として成長するねんて。

うまく刺さる確率は
100%中、2%くらい…

少なっっ!!

マングローブが沖縄にあるのも、何千キロと漂流してって、温暖な場所を好む植物やから、沖縄に辿り着いてからだんだんと広がっていったみたい。

ロマンやな〜。
何千キロって漂流して辿り着くってすごすぎる。そんな事が、いろんな植物や生命にきっとあって、地球ってやっぱおもろいなー。

手に持ってるのが種の上側。
奥のシートに映ってんのが下側

ポトって自然に離れて棒が落ちる仕組み。実みたいに見えるけど2つで種やねんて。

次は同じ島の別スポットへ移動!!

NEXT→

📷2018.11 Malaysia🇲🇾
Langkawi island🏝
→Singa besar island🏝

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です