【ランカウイ島の象徴・名前の由来】シンガビサ島/イーグル!イーグル!ジブリの世界へようこそ。

2018年11月の旅。

Malaysia🇲🇾
 Singa besar island🏝
(マレーシア、シンガビサ島)

▶︎大量のイーグルたち

前回記事の後、
シンガビサ島の別スポットへ移動!!

そこで待ってくれてたのは…?

大量のイーグルたち!!

写真じゃ伝えきられへん迫力と数の多さに、ただただかっこいい...の一言。圧巻の世界。

ホンマに圧倒されて、別世界に一気に投げ込まれた〜。自分がジブリの世界の中にいてるみたいで、感動!!

映画のワンシーンに遭遇した感じ。

▶︎ランカウイ島の名前の由来

名前の由来▶︎母国語のマレー語で、ラン(ワシ)カウイ(岩)から命名。

ワシの岩で”ランカウイ島”
って由来になるくらいやから、野生の鷲が大量に!!

▶︎何故ジブリの世界?

何処でもかんでも鷲もいてるわけじゃないから、鷲の居てるスポットへ行けば…

ホンマに一瞬で
ジブリの世界へようこそ!!

めっちゃかっこよかった!!

鷲も多少観光客慣れしてる。笑
※現地の人が海に餌投げたら、ボートからの距離が近くても餌取りに来るし、至近距離で見れて写真も撮れる◎
野生やからシャッターチャンスが難しい…

何故ジブリの世界かと言うと…
(ちなみに妹と言ってたやつ)

風の谷のナウシカみたいな。
理解が苦しいのはわかってる。笑

海面に餌見つけた瞬間、急降下して捕まえる姿が1番かっこよかったー!!

もっかい鷲見に行きたいわ〜。子供みたいに目キラキラしたし、夢中で見入ってたー。日頃の悩みも忘れてただただ、目の前の景色に感動する瞬間。

世界は壮大だっ!!

▶︎旅に出る理由の1つ

感動や刺激、いろんな出会いや出来事、自分自身が忘れかけてた感情、大事な人生の芯を改めて、いつも教えてくれる。

日本で自分が日々過ごしてるように、離れた国でも同じように毎日が来てそれぞれの生活をしてて、当たり前な事やねんけど、普段目に見えてない世界が確かに今自分の目の前で繰り広げられてて、生きてるなぁ〜って感じる。

ウチはウチの人生しかこれからも生きられへんけど、自分にも色々あったみたいに、皆にも色々あって乗り越えて、今生きてる。

1人1人の人生は深いよね。

なかなか社会に出ると、時間に余裕があってもお金がなかったり、お金があっても時間がなかったり、大人になってく上で誰もが経験する壁やと思う。

両方を兼ね添えてる人って、中には居てるけどごく僅か。

だから今この瞬間、大事にしていきたいし、出来るだけ多くの世界が純粋に見たいし知りたいなと思う。

▶︎語り出すと止まらん悪いクセ。

残念なんが写真をいくら撮っても、肉眼で見て感じて体験せな、全てを伝える事は出来ひんし、世界の素晴らしさは、写真見せながら口にしたって半分も伝われへん。

何処か旅に出て新たないろんな景色見て、体感していっつも思う。

一歩踏み出したら世界はいつも
無限に広がって待ってくれてる。

いい意味でぶっ壊してくれる。

人生は自分が主人公。
なら物語の結末は
ハッピーエンドがいい。

当たり前と思ってたことが当たり前じゃなかったり、もっと自由でいいんやって、肩の力抜いてもいいんやって、張り詰めてた気持ちを解放してくれる。

そんな世界が、世界観が好き。

次は移動して違う無人島へ!!

NEXT→

📷2018.11 Malaysia🇲🇾
Langkawi island🏝
→Singa besar island🏝

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です