【アーグラ城】タージマハルを作った皇帝が幽閉されていた、囚われの塔がある世界遺産。

2018年5月の旅。

India🇮🇳Agra🌴
(インド、アグラ)

▶︎アーグラ城(Agra fort)

前回記事に書いたタージマハルの後に移動して、タージマハルの造設者の皇帝が幽閉されていたアーグラ城へ。

バラナシで買った現地の服。笑
すぐ現地で調達して着る。
すぐ馴染もうとする。それがウチ。

▶︎アーグラ城の歴史

ここの歴史も奥が深くて、ウチが説明するよりもウィキペディアで調べた方が確実にわかりやすい。
一応簡単に説明はするけど。笑

アーグラ城▶︎皇帝アクバルが1565年から着工し、1573年に完成。
その後にジャハーンギル、タージマハルを造ったシャー・ジャハーンまで3代居城。

タージマハルを造った、シャー・ジャハーンが自ら幽閉された囚われの塔(ムサンマン・ブルジ)がある事でも有名な世界遺産。

ここに来るなら、タージマハル見て歴史学んでから来た方が、アーグラ城と話が繋がってておもしろい!!

シャー・ジャハーンが建てた部分は、好みの大理石で見てすぐわかる。

囚われの塔からはタージマハルがホンマに見えて、こっから毎日ずっと眺めてたんやなぁ〜って考えたら、心が切なくなったなぁ〜。


ページ最初の写真でわかるように、アーグラ城の外観はほとんど赤い岩で造られてて、その部分は最初に着工した皇帝アクバルが造った部分。

その次のジャハーンギルについては記述もあんまりなくて不明やけど、内部の部屋はタージマハルで有名なシャー・ジャハーンが、好んでた白色の大理石で造られてるから見たらすぐに誰が着工したかわかりやすい。

▼皇帝アクバル着工

▼シャー・ジャハーン着工

ご覧の通り一目瞭然。

囚われの塔は肉眼で見たけど、今は立ち入り禁止で入れんくて、近くの部屋から写真撮ったけど、距離があって納得いく写真じゃなくて、諦めたから写真がない。笑

▶︎アーグラ城から見たタージマハル

中国のPM2.5の影響で視界が悪い。

アーグラ城から見たタージマハル!!
思ってたよりは遠目やったな〜。

ここから毎日どんな気持ちで
皇帝シャー・ジャハーンは見てたんかなぁ〜。

📷2018.05 India🇮🇳Agra Fort🏰

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です