【大理石工場】インド歴史建造物に使用されてる大理石の製造法を見学!買い物も可○

2018年5月の旅。

India🇮🇳Agra🌴
(インド、アグラ)

▶︎現地のレストラン

タージマハル→アーグラ城
観光した後は、軽くご飯ターイム!!

インドの首都デリーに来てから、初めてのご飯♪楽しみー!!
ご飯のメニューは地域が変わっても、メニューは変わらずカレーづくし。

けど、インドのカレーはめっちゃホンマに美味しいから食べて欲しい!!
さすがに毎日毎食カレーは、後半飽きて嫌気さしてきた。そんくらいインドはカレーで溢れておりまする。

現地用のカレーは辛すぎて痛い!!
ベロが激痛で食べられへん。人生であんな辛いのん初めてくらい。
外人用はマイルド仕様にしてくれてるから辛くなかったー。
店にもよるけど、カライ?カラクナイ?って片言で聞いてくれたりする。笑

現地の人には”辛くないカレーはカレーじゃないし美味しくない。”って言われた。

▶︎大理石工場見学

ご飯の後は大理石見学!!
インドの歴史ある世界遺産や、建造物に使われてる大理石。
昔の人って凄いなーって関心するものばかり。

昔ながらの作業の仕方で今も製造してるって事で、見せてもらいに行ってきたよーん!!

工場って言ってもライン作業とかじゃなくて、1人1人が黙々と細かい作業を、各持ち場で淡々とこなしてる感じ。

石に石を埋め込むって、今じゃまだ便利な道具あるやろうけど、当時はめっちゃ時間かかったやろなー。特に建造物なんか規模でかいし。

実際に作ってるとこ

道具もいたってシンプル。

ペンみたいなヤツの先端がダイアモンドくらい硬いやつで、土台を掘ってって、そこに石がピッタリはまるようにひたすら慎重に形に合わせて削る。

手先が器用で黙々とするのが好きじゃない人には苦痛の作業そう。

2階には作られた多様な大理石の家具、オブジェ、絵画、小物が販売されてて見せてもらった!!

ご覧の通りの凄い数。

ここ上がってきた時オーナー?かわからんけどお茶出してくれて、謎のエンターテイナーショーみたいなん始まっておもろかった。笑

指鳴らして照明消したりつけたりして、心の掴み方うまいな思って関心した。
部下がタイミング見て電気のスイッチつけたり消したりしてたのん、後でネタバレしてくれたけど。笑

タージマハルの印象もあるし、日本で見るのも白ベース多いけど、大理石ってブラックベースもあるんやなー。
知らんかったー。

値段も思ってるより手頃で、デザインが細かいやつは可愛いけど、手間がかかる分、高くなるねんて。

▶︎営業に気をつけて!!

記念に小物入れ安いのやったら、1万以内であったしせっかくやしなーってちょっと悩んだんやけど…

スタッフがしつこい。笑

観光客相手やし気持ちわかるけど、まだ旅の途中で日数もあるし、ここでそんな使いたくなかったし、今欲しくても買って帰っても記念にはなるやろうけど、使うか?って考えたらウチは多分絶対使わんから買わんかった。笑

”お金あんま持ってないねん。”
”カードいけるよ!!”
”カードは持ってきてない。”
”着払いも振込もできるよ!!”

かなりのガツガツ営業やった。
さすがインドって偏見持つのも、こんなんインド以外でもザラであるし、それでもしつこさは噂通りピカイチ。笑

ガンジス川でインド人に、日本人は金あるクセにケチやから、日本語じゃなくて韓国語か中国語勉強したら良かったって言われたのん思い出したわ。

ゴメンやん。笑

📷2018.05 India🇮🇳Agra🌴

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です