【ベトナム最古の大学跡・文廟(孔子廟)】ハノイの学問の神様!!世界記録遺産の石碑▶︎市内観光ツアー。

2019年3月の旅。

Vietnam🇻🇳Hanoi🌴
(ベトナム、ハノイ)

▶︎市内観光

朝一から午前中だけ市内観光に。

ハノイの観光スポットは、わりと固まってあるから移動は楽やし、見て回りやすいのが良いところ!!

毎日早起きで充実してる。ホンマ日本じゃ早起き出来ひんのはなんでやろ。笑

今日もバイク民達は元気。

変わらずオラオラ運転。

▶︎文廟(孔子廟)学問の神様
ベトナム最古の大学跡

1番最初は学問の神様で有名な文廟!!

文廟▶︎別名、孔子廟。儒教の創設者の孔子を祀るだけでなく、1076〜1946年まで、ベトナム初となる大学「国子監」が設置されていたため、地元の人から学問に関するご利益がある場所として親しまれている。

社会見学?遠足?なんか、どのジャンルになるかはわからんけど、小学生達も続々と集まってきてた。

▶︎第一の門 文廟門

チケットの写真は何枚かバリエーションがあって、ウチ等3人はそれぞれ全部違うデザインやったー。

写真奥に見えるのが、
文廟の入り口になる文廟門。

ベトナム仏教建築によく見られるらしい三関門。石で作られて存在感放ってたー!!

近くで撮ってないからわかりにくいけど、門の横には左右に小さい門があって、今や観光客は中央の門から入って出入り出来るけど、当時は中央の門は閉じられてて、文廟の儀式が行われる時だけ王や高官だけが通る事が出来たみたい。

中に入って参ります!!

▶︎第二の門 大中門

写真にも写ってる赤レンガの道は「皇帝の道」との名称。赤レンガの道を進んでくと現れる第二の門が、大中門。

屋根にはまるで日本の名古屋で有名なシャチホコ?らしきもんが乗っとる。

シャチホコはシャチが跳ねた姿の像らしくて(知らんかったから初めて調べた笑)、大中門の上に乗ってるのは鯉の像。

シャチホコも鯉も遠くから見たら違いわかんね。なんやったらシャチホコってシャチって付いてても、シャチやと思わんかった。笑

▶︎大三の門 奎文閣

次に現れる門は有名な門みたいで、ハノイの象徴の1つにもなってて、この門は1805年に造られた奎文閣。

200年以上前やけど綺麗に残ってる。

▶︎亀が背負う石碑 進士題名碑

この門をくぐったら目の前にすぐ現れる池。池の左右には世界記録遺産に登録されてる石碑が並んでおります。

その石碑が初めて見る珍しい石碑。

それがこちら。

亀が石碑を背負ってんやけど、
亀ってわかるかなー??笑

石碑は全部で82。1442年から300年間、合計1304人の名前が並んでて、3年に1度ある科拳試験に合格した人の名前が列記されてるみたい。

▶︎拝堂

石碑見て回ったら拝堂に到着。

入り口前に見かけた小学生達が朝早くから集まってた。こうゆう光景は日常みたいで、ベトナムのいろんな学校から文廟に訪れるとか。

急に5人くらいの鼓笛隊?みたいな小学生が現れて、なんやなんや!行事!?って思ったら朝の朝礼やった。

小学生達が立つ前にある建物がメインの大聖殿やねんけど、中入って振り返ったら皆こっち見てるから、校長先生になった気分やった。朝礼の前に立つってこんな感じやねんなーって。笑

▶︎メインの大聖殿

ここには孔子像が祀られてて、写真撮ったはずが残ってない。なんて失態。なんやったら1番メインちゃう??アカンやろ。笑

本来は孔子像が真ん中にあって、左右に2体ずつの計4体の像があって、それぞれ孔子の4人の高弟。

しかし写真ないの悔しいわ(T . T)

▶︎お土産屋さん

敷地内にちょっとしたお土産屋さんが3件くらい並んでて、ウチ等の目に止まったんが自分の生まれた干支のお守り。

何種類かあるお守りの中から、気に入った種類のお守りを記念に購入。全力で観光客。笑

他にも色々売ってたけど買ったのはこれだけ。

見た事ないからわからんけど、売ってたポストカードが気になった。ホンマにこんなんして運んでんかな??謎やわ。

鶏バージョンも。鶏に関しては乗せすぎやろ。落ちても気付かんそう。笑

結構すぐ見て回れるくらいの広さ。
音声ガイドとか表記もないから、詳しく知りたい人は事前にネットで勉強していくか、ガイド付けて何個かいっぺんにツアー組んで回るかかなー。

📷2019.03 Vietnam🇻🇳Hanoi🌴

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です