【開聞岳-薩摩富士-】神風特攻隊が最後に敬礼してから出撃した指宿のシンボル。

2017年8月の旅。

Japan🇯🇵Kagoshima🌋
(日本、鹿児島)

▶︎開聞岳 別名、薩摩富士

絶対見たかった薩摩富士!!

開聞岳▶︎鹿児島県の薩摩半島の最南端に位置する、標高924m。日本百名山の1つ。別名、薩摩富士と呼ばれ、指宿のシンボル。老若男女から頂上を極める事が出来る。

この薩摩富士にテンション上がって、行ける範囲のいろんなアングルから薩摩富士見に車飛ばしてた。笑

普段どっちか言ったら山より海派で、興味がそんな持たれへん分野やのにウチが惹きつけられた理由は…

神風特攻隊が
最後に敬礼した山やから!!

どうゆう事かと説明すると、知覧の地から沖縄に向け神風特攻隊が出撃したのは、皆も知ってると思うし有名な歴史。

鹿児島に来て知覧特攻平和会館行ってから知ったんやけど、出撃する時はチームの5、6機で空中で戦闘態勢の陣をとって、皆で最後に薩摩富士に敬礼してから、だんだん小さくなる薩摩富士を背に沖縄へ出撃したそう。

その話を聞いて鹿児島滞在中に絶対見たかった。今も残る薩摩富士こと開聞岳。彼らはどんな思いで最後、この山を見てたんやろう。

現代の今を生きてる自分が同じ山を目にして、出来る限りの想像力で当時のこと考えてみるけど、心苦しくなる。

日本本島の知覧の地から飛び立って約2時間。その先には死しかなくて、向かってる時間どんな事を考えてたんかな。ウチやったら涙溢れて操縦出来ひんやろな。

だって自分の命が確実に亡くなる事わかった上で、自らの操縦で向かうなんて今考えたら残酷やと思ってしまう。時代とはわかってても。

鹿児島はこの時の1回しか行けてないけど、何回でもこれからも行きたいと思う。大事な忘れたらアカン事を改めて教えてくれる。

何回も言ってきたけど、ホンマに今は平和や。空見たって綺麗な青で、命を奪う戦闘機なんか飛んでない。

それがどんなにありがたくて、幸せなことか考えなアカンな。毎日をもっと大事にしていかな、今がずっと続くと思ってたら大間違い。

知覧特攻平和会館行って、決まった時間に講演してるから、その話も聞いた後で薩摩富士見に行ったら、考えさせられる事いっぱいあるから、セットで見に行ってほしいなー。

改めて鹿児島もまた行こう!!

完鹿児島県、知覧、指宿、垂水、大隅半島。

📷2017.08 Japan🇯🇵Kagoshima🌋

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です